東京出張マッサージと食事

Last Updated on 2024年6月7日 by admin

東京出張マッサージと食事
自宅にセラピストが来て施術を行ってくれる東京出張マッサージのメリットは、移動時間が必要ない分、施術前後の時間を有意義に過ごせることです。
東京住む人々は、出張マッサージやエステと共に歩まざるえない
そんな施術前後の時間の過ごしかたで、気にかけておきたいことが食事のタイミングです。東京出張マッサージの中でも人気となっているのが、体中の血流を改善していくオイルマッサージです。施術前に食事をし、その状態で全身の血流改善を行うと、本来であれば消化に使われる筈だった血液が減少し、胃もたれなどの症状が出ることがあります。そのため、施術までの時間を自由に過ごせるといっても、施術直前の食事は避けておく方が良いでしょう。空腹が心配という場合は、セラピストが到着する2時間前には食事を終えておく方が良いでしょう。
施術が終わった後は、体の吸収力が高まっており、脂肪が蓄積しやすい状態となっています。体型が気になるのであれば、東京出張マッサージが終わった直後の食事は避けておくことがおすすめです。どうしても食べたい時は、カロリーが低くヘルシーなメニューを選んでおくと良いでしょう。
東京出張マッサージが終わった直後の食事は避けておく
https://thubo.biz/

冷え性による肩こりで東京のマッサージ

冷え性による肩こりがひどく、いちどマッサージを受けに行ったことがあります。季節の変わり目など首筋が冷えてしまって血流が悪くなり、肩こりが起こったりひどい場合は頭痛が起こります。頭痛が起こると数日は治らないため、頭痛が起こる前に何とかしたいと感じました。東京のマッサージと言うと高いイメージがありますが、近所に1時間あたり税抜き2,980円のお店があったため、そこに行ってみたのです。

部屋は移動式のついたてで区切られ、しっかりとプライバシーが守られていました。女性のスタッフが施術をしてくれたのですが、気になる箇所は重点的にマッサージをしてくれますし、とても気持ちが良かったです。あまりにも肩が凝っているから、数回マッサージに来た方が良いと言われました。それでもしつこい宣伝等は一切なく、体を温めて血流を良くするようにと助言を受けたのみです。いくら安いとは言え、あまりにしつこいと「また行こう」とは思いにくいものですが、「1時間では限界があるから、数回マッサージを受けた方が良い」「辛い時はいつでも来てください」程度だったので、好感が持てました。

予約をする際もとても雰囲気が良く、希望の日時や希望の施術スタッフ(いれば)などを伝えるだけで、簡単に予約をすることができます。その後は仕事が忙しくなってしまい、もう一回行きましたが、それ以降はなかなか行けなくなってしまいました。機会があればまたぜひお世話になりたいと思っています。

東京の名所 3地域それぞれから

東京は、23区、多摩地域(23区より西側の地域)、島しょ部(伊豆諸島・小笠原諸島)に分かれています。
ここでは、この3地域の名所をそれぞれご紹介したいと思います。

■23区
・浅草寺 
都内最古の寺で、元は天台宗でしたが、昭和24(1949)年から聖観音宗の本山となりました。
特に外国人に人気の寺であり、仲見世も人気スポットです。
・スカイツリー
墨田区押上にある高さ634mの電波塔で、2012年5月22日から東京の新しい名所としてオープンしました。タワーとしては世界最高で、ギネスでも認定されています。

■多摩地域
・高尾山
八王子市にある標高599mの山。
都心からも近く、日帰りで登山する観光客や登山客でにぎわいます。

■島しょ部
・小笠原諸島
平成23(2011)年に、独自の進化を遂げた生物や生態系の価値が認められ、世界自然遺産に登録されました。
東京とは思えない豊かな自然に心身共に癒されます。
・伊豆大島火山博物館
大島の三原山は、古来幾度となく噴火し、伊豆大島の住民が東京都に避難することもありました。
この博物館は、世界でも珍しい火山専門の博物館で、花山について詳しく知ることが出来ます。